困った、クイーンズバスルームが大リニューアル!! くせ毛に大ダメージ。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ずぼら系節約女子いちはです。ずぼらな性格なので、後々楽をしたいがために、最初だけはちょっと頑張る。前世はネコなのかな?と思うくらいこたつで丸くなるのが好きなのですが、いぬ派です。

動かざること森の如し、ずぼら系節約女子 いちは です。


シャンプージプシーから安住の地を手に入れていたわたしのヘアケア(シャンプー部門)に大事件が起こりました。

2021年、なんとクイーンズバスルームのシャンプー&トリートメントが一大リニューアル


◎NEW! ヘアケアトライアルセット ヘアソープ50g × トリートメント50g [送料無料] [メール便発送]シャンプー トリートメント 縮毛 ヘアケア お試し サンプル



2020年の10月ごろからリニューアルされることは知っていたのですが
何を思ったのか、お値段据え置き!さらに髪に優しい新成分配合!的な消費者ライクのリニューアルを勝手に想像していたもので。
「シャンプーなくなりそうだけどリニューアルされてから買うかー」とのん気に構えていました。

そして2021年発表されたリニューアルの内容に驚き。約二倍の価格設定・・・!!
成分なんて目に入りませんでした。え?

うーむ、わたしがクイーンズバスルームを長く愛用していた理由は圧倒的コスパ!!

旧価格:500ml/2200円(税込)

新価格:500ml/3850円(税込)



市販のシャンプーと比べると少し(だいぶ?)高く感じるものの、わたしはクイーンズバスルームのシャンプーのみしか使用していなかったので、ドラッグストアなどで買える1000円前後のシャンプー&リンスをライン使いしていると考えたら、コスパは同じ。
その価格帯で、この髪のまとまりの良さを得られるのならば・・・即買い!と思っていたのです。

ですがこのコスパがいいというクイーンズバスルームを選ぶ理由の根幹が揺るがされることにより、

ほかの気になっていたヘアケアで近い価格帯のものまで選択肢に入れると、またシャンプージプシーにならざるを得ません。これは節約女子の宿命なのです・・


他のものも試してみたうえで『やっぱりクイーンズバスルームがいい!』とまた戻ってくることになるのかもしれませんが、しばしの間 安息の地よ、さらば。

わたしのクイーンズバスルームとの出会い、馴れ初め編。



追記。
結論から言うと、わたしはルベルにのりかえることにしました。


そこに至るまでの過程で、試してみた商品はこちら。

シュワルツコフ フォルムコントロール


250ml/1500円前後?



使用感は・・よかったです!
シャンプーのみでも手触りがつるんとしていてきしみもなく、ブロー後の仕上がりもおおむね満足です。
乾かす際にくせがいつもより落ち着いて感じるのは、髪が少し硬めに仕上がるからなのかもしれません。ブロー後もきちんと毛束感が維持できるつるんと感もあります。香りはすっきりと柔らかく、ブロー後にもほんの少し香るかなーという感じです。香りが強いのが苦手な方にも良さそうです。

シャンプーを流した後の洗いあがりの使用感としてはボタニストのダメージケア(灰色)を使用していたことがあるのですが、似ているような気もします。若干の皮膜感、一枚膜が張ったような潤いに包まれる感じはありますが、ボタニストのように地肌が呼吸できない・・!というような重たさはなく、不快感はないです。似て非なるもの。


ちなみにボタニストはずっと使っているとどんどんと皮膜感が蓄積していくような頭皮の重たさがあり、一本使い切ることが出来ませんでした。クイーンズバスルームは2度洗いが推奨されているので、洗浄力が欲しい時のプレシャンプー用としてたまにボタニストを使用していましたが、たまにの使用でも不快感が限界を迎え、使い切ることなくさようならしました。MOTTAINAI。


シュワルツコフのシャンプーは使い切れそうです。リピートするかは他のシャンプーと比較してみます。


洗浄力 》  →洗浄力というよりは泡立ちの良さ?
ボタニスト>シュワルツコフ>旧クイーンズバスルーム

満足度 》  →コスパ抜きにしたトータルの満足度?
旧クイーンズバスルーム>シュワルツコフ>>>>ボタニスト(圏外)

コスパ 》  →これ抜きには語れない・・
シュワルツコフ>新クイーンズバスルーム
・・・あれ、乗りかえの予感が…

シュワルツコフ BCクア フォルムコントロール シャンプー a 600mL 詰め替え用

追記。
数日使ってみて、頭皮のスッキリ度でいうとシュワルツコフの方に軍配が上がるのですが、髪のやわらかさや手触りでいうと旧クイーンズバスルームのほうが好きかなあと。あと、やっぱりトリートメントが欲しくなる。当然か。トリートメントもセットで使うとやわらかい手触りになるのかもしれませんが、使っていないのでわかりません。


ルベル イオセラム


200ml/1500円前後?


使用感は・・とてもよかったです!
まず一番に感じたのは、泡立ちがよい! シャンプーはこってりとしたテクスチャーなので、もこもこの泡でした。2度洗いが推奨されているクイーンズバスルームと比べると驚きの泡立ち。クイーンズバスルームのシャンプーは手から零れ落ちそうなくらいさらっとしたテクスチャーで、もっちり泡という感じですかね。
ブロー後の髪のやわらかさや手触りなど、仕上がりはクイーンズバスルームに近いかもしれないと感じました。
香りはすっきりと柔らかく、ブロー後にもほんの少し香るかなーという感じです。香りが強いのが苦手な方にも良さそうです。


洗浄力 》  →洗浄力というよりは泡立ちの良さ?
ルベル>>シュワルツコフ>旧クイーンズバスルーム

満足度 》  →コスパ抜きにしたトータルの満足度?
旧クイーンズバスルーム>ルベル>シュワルツコフ

コスパ 》  →これ抜きには語れない・・
シュワルツコフ>ルベル>新クイーンズバスルーム
・・・あれ、乗りかえの予感が…

ルベル イオセラム クレンジング 1000 ml シャンプー 詰め替え Lebel IAU

追記。
数日使ってみて、髪のやわらかさや仕上がりに不満はないのですが、湿気で髪が広がりやすいと感じてしまうのは、クイーンズバスルームのほうが髪内部に水分を保持する力が強いからなのかなと感じました。その点はがっつりスタイリング剤などでカバーする必要があるかもしれませんが、頭皮のスッキリ感や仕上がりの満足度でいうと高いです。梅雨時は旧クイーンズバスルームを使いたいかなーという感じです。
トリートメントを使用すると、サラサラになりすぎて広がってしまうので、シャンプーのみの使用で満足しています。さらさらな仕上がりを求めている方はトリートメントまで使用するのがおすすめです。


ハーブガーデン フレグランス


300ml/2200円(定期購入)



もともと気になってはいたのですが定期購入がだるい。そんな理由から敬遠していました。
ですが2020年、わたしの好きなジャスミン系の香りのフレグランスが新発売されたようなので注目度は一気にはなまる急上昇!ハーブガーデンはロフトの店頭でも買えるようなのですが定価だとシャンプーのみで3190円(税込)と割高感が否めません。やはり定期購入が一番安いというのが憂鬱な点。



使用感は・・・想像通り良いけど、香りは思ってたのと違う!
香りについてはいい香りといえばいい香りなのですが、さすがハーブガーデン。自然派なハーブ系の香りなので、シャンプー後にふわっと香る華やかなフレグランス♡を想像している方には物足りないかと。アロマオイルのような輪郭のはっきりした香りでもなく・・・成分にも配合されている、まさにハーブティーの香り!紅茶の渋さも忠実に表現された想像以上に紅茶の香りでした。香り自体は微香ではなく、強めな香りなので好みが分かれそうです。個人的には普通のハーブガーデンの香りのほうが好きだと思う(使ったことないけど、多分)


さらっとしたテクスチャーで泡立ちはとてもよく、シャンプーのみの使用でも十分な保湿力とまとまりを感じることが出来ました。クイーンズバスルームと比べると手触りが少し硬めの質感となりますが、髪内部から保湿されている感覚はルベルよりも上に感じました。


トリートメントもセットで使用してみましたが、トリートメントを使用してもサラサラになりすぎることがなく、毛束感が保たれる硬めの仕上がりです。
サラッサラ感を求める方はルベルのほうがおすすめです。


実際に使用してみると、シャンプーの泡立ちがいいので、トリートメントの塗布量が増えてしまいがちなセミロング以上の髪の長さだと、シャンプーとトリートメントの減りに差が出すぎてしまい、シャンプーだけが余ってしまいそうです。定期購入の難しい部分だなと改めて感じてしまいました。

洗浄力 》  →洗浄力というよりは泡立ちの良さ?
ハーブガーデン>>ルベル>>シュワルツコフ>旧クイーンズバスルーム

満足度 》  →コスパ抜きにしたトータルの満足度?
旧クイーンズバスルーム>ルベル>ハーブガーデン>シュワルツコフ

コスパ 》  →これ抜きには語れない・・
シュワルツコフ>ハーブガーデン>ルベル>新クイーンズバスルーム



クイーンズバスルーム


◎NEW! ヘアケアトライアルセット ヘアソープ50g × トリートメント50g [送料無料] [メール便発送]シャンプー トリートメント 縮毛 ヘアケア お試し サンプル



わたしはクイーンズバスルームを使用する際、トリートメントは使用しません。え?

1、シャンプーのみで泡パック・・・
2、お風呂あがりに洗い流さないトリートメント(ヘアオイル)・・・

ずぼら過ぎるが故に究極の最小ケアでこのスタイルにたどり着きました。

理由は・・・

◇クイーンズバスルームのトリートメントにはあんまり感動する要素がなかったこと→良く言えばシャンプーのみの仕上がりで満足しているということ。

◇トリートメントを塗布して置く時間(3分くらいですか?)すら面倒くさい。
(これはほかのシャンプーを使用してみて、クイーンズバスルームの場合はシャンプーで泡パックをするので、トリートメントも!となると面倒くさいだけという事がわかりました)

◇トリートメントはヌルヌル感がどこまで洗い流せばいいのかよくわからず、時間もかかって面倒くさい。

◇くせ毛ならではの理由をひとつあげるとすれば、サラサラになりすぎるとくせ毛一本一本の自己主張が激しくなって広がりやすくなったり、毛束感が出にくくまとまりが悪くなるので、すこしパサつくくらいのバサッと感があるほうが、わたしのブローの方法には合っているという理由です。


要約すると、ずぼらすぎて女子力をどこかに置き忘れてきてしまっただけという気もしてきましたが。。



今後、他にも気になる商品を見つけたり、実際に使用した際には感想を追記していきたいと思います。


ちなみに、需要があるのかは謎ですがシャンプーのみの使用感のレビューです。
気になる方は参考にしてみてください。


トリートメント込みの使用感が知りたい方は、他の方の口コミを参考にしてみてください。


この記事を書いている人 - WRITER -
ずぼら系節約女子いちはです。ずぼらな性格なので、後々楽をしたいがために、最初だけはちょっと頑張る。前世はネコなのかな?と思うくらいこたつで丸くなるのが好きなのですが、いぬ派です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 森さん家 , 2021 All Rights Reserved.