剛毛・多毛・くせ毛の三拍子がそろった、わたしの髪質にあうシャンプーはどれ?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ずぼら系節約女子いちはです。ずぼらな性格なので、後々楽をしたいがために、最初だけはちょっと頑張る。前世はネコなのかな?と思うくらいこたつで丸くなるのが好きなのですが、いぬ派です。

動かざること森の如し、ずぼら系節約女子 いちは です。


わたしのくせ毛は、くせ毛というよりは天然パーマ、天然パーマというよりはチリ毛、と表現したほうがいいような髪質です。そして太くて硬くて量が多いと三拍子そろっている残念な髪質です。

美容師さんや友達からも「縮毛矯正をかけたりはしないの?」とよく聞かれます。

わたしも学生時代は縮毛矯正をかけて過ごしていました。
でも生え際1センチが苦痛で苦痛で仕方がなかったのです。
縮毛矯正でまっすぐの髪と生え際のうねり散らかしたくせ毛との相性は最悪です・・

「縮毛矯正かけたら半年くらいは手入れ楽になるし、おすすめだよ」

なんて言われた日には、
(いや、半年ごとの縮毛矯正で済むなんてそれくせ毛って呼ぶの⁉ただのうねりじゃなくってよ)と心の中で叫びます。

剛毛でくせ毛のわたしは、うっかり髪を耳にかけてしまった日には一瞬で形状記憶します。
髪を結んでほどいたときにあとがついている・・というような次元の話ではありません。
ほんの数十秒という短時間で形状記憶します。

朝のブロー後に、ついくせで髪を耳にかけ、直後に「あ!しまった!」と思い髪を耳から外したところで、時すでに遅しです。そのまま頭を洗うまではずーっと耳の形のくせが残り続けます。ブローをしてもアイロンをしてもダメ。もう一度洗髪するまで元に戻りません。
そして湿気の多い梅雨時には入念にヘアセットをして外出しても、ものの数分で湿気を吸い広がります。

くせ毛の髪は、まっすぐを保つのは極端に苦手ですが、逆に言うと、カールを維持するのはとても得意なのです。

ストレートの人はパーマをかけてもすぐにとれてしまうのが悩みかもしれませんが、わたしのくせ毛はパーマをかけた部分の髪を切るまでは永遠にカールを維持できます。
羨ましいでしょう?

ですが根元の髪の毛一本一本がそれぞれ別方向にうねるので、パーマが広がりあっちこっちにカールし、最終的には汚い仕上がりになります・・短髪だったらただのアフロ。
羨ましくなくなりました?

わたしの剛毛自慢



わたしはもともと毛深いこともコンプレックスのひとつでした。
お年頃になって他の人と比べてびっくりしたのが、わたしの手足に生えるムダ毛の太さ。猫っ毛の人の髪の毛ぐらいの太さはありました。衝撃的。

「2,3日に1回ムダ毛処理してるー」なんて話を聞いては(え、わたし朝にムダ毛処理しても夜にはジョリジョリしちゃうから毎日なんだけど・・)(なんなら半日も持たないから、夜に綺麗を保ちたいときは朝でもダメで夕方に処理しないとなんだけど・・)と思ってました。

手や足から髪の毛レベルの太さの毛が生えているわたしの髪の毛は、、猫っ毛の人からは想像もつかないくらいのふとましさ(太さ+たくましさ)であることをお察しください。

わたしの髪の毛の太さをどう表現したら伝わるだろうか・・と考えながら洗い物をしていると、ものすごくしっくりくるものが目に飛び込んできました!!

わたしの 産毛 =普通の人のムダ毛
わたしのムダ毛=猫っ毛の人の髪の毛
わたしの髪の毛=タワシの毛(さすがにちょっと大げさ)

でも本当にこのくらいの差があると思っています。

みなさんは頬っぺに髪が刺さった経験はありますか?
わたしの髪は凶器です。たまにほっぺがチクッとして痛むので鏡を見ると、髪の毛がブッスリ肌に突き刺さっています。
ちょっと話盛ってるでしょと思うかもしれませんが、これはおおマジです。

剛毛あるあるトークを繰り広げていると、猫っ毛の友人に「え、それ本気で言ってるの?ギャグじゃなくて!?」「家に帰って家族に話したら、あり得るわけないじゃんってバカにされたんだけど!」と言われたこともあります。

ですが大事なことなのでもう一度言います。剛毛さんにとってはあるあるなのです。

カラーやアイロンで傷んだ髪はますます硬くゴワゴワになり、切れ毛や枝毛により毛先の鋭さはさらに増し、髪を触っているときに指に刺さることもあります。

そんな剛毛・多毛・くせ毛なわたしがヘアケアに求めるものは、手触りのやわらかさと湿気に負けない保水力!

くせ毛は髪の毛の内部の水分が抜けやすくパサつきがちになり、外気の湿気に左右されやすくなります。
なので、くせ毛さんは髪の内部に水分を留める力の強いヘアケアを選ぶと髪がまとまりやすくなります。ヘアオイルも髪の毛の表面を油分で覆うことで外気の湿気に左右されにくくなるのでおすすめです。


ダヴのシャンプーを使用していたころは、お手頃価格でしっとりやわらかい手触りになるのが好きでしたが、くせ毛の一本一本がサラサラと広がり、手が付けられない状態になるので、最近ではくせ毛に良いといわれているシャンプーを探して使っています。


色々使ってみた中で、意外な組み合わせがしっくりきたり。
わたしの髪質での使用感を綴ってみます。





新クイーンズバスルーム
 シャンプー&トリートメント

→サラッサラな手触りと、髪の広がりを抑える潤い感とのバランス最強!!だがしかしコスパが悪く節約女子には手が出ない・・


旧クイーンズバスルーム
 シャンプー&トリートメント

→ トリートメントもとてもいい製品だとは思うのですが、どうしてもコスパが悪く感じてしまう。

ルベルイオセラム
 シャンプー&トリートメント

→ サラサラになりすぎて広がり手が付けられない。髪が広がらないタイプでサラサラ重視の人にはとてもおすすめ。


旧クイーンズバスルーム(わたしの基準値)
 シャンプーのみ

→髪のまとまりの良さと手触りのやわらかさがいい感じ。なんといってもコスパがいい!
クイーンズバスルーム以外のシャンプーだとトリートメントまで欲しくなるのが、クイーンズバスルームのシャンプーは単品使いでも不思議と気にならない。このヘアケアがわたしの一番のお気に入りであり、基準値!


新クイーンズバスルーム
 シャンプーのみ

→手触りが硬めな仕上がりになるので、旧クイーンズバスルームの仕上がりを知っている身としてはシャンプーのみでの使用は厳しく、トリートメントが欲しくなる。


ルベルイオセラム
 シャンプーのみ

→髪内部の保水力に関してもの足りなさはあるものの、手触りのやわらかさはいい感じ。


ここから先は色んなパターンを模索した結果。


  シャンプー:シュワルツコフフォルムコントロール
トリートメント:ルベルイオセラム

→ルベルのセット使いだとサラサラすぎるトリートメントの仕上がりが、シュワルツコフのシャンプーとセットになるといい感じ。翌日の地肌のコンディションが一番スッキリしているのはシュワルツコフのシャンプーなので、この組み合わせはありかもしれない。


  シャンプー:ハーブガーデン
トリートメント:クイーンズバスルーム

→クイーンズバスルームのトリートメントの良さを再認識した組み合わせ。髪のハリと手触りのやわらかさのおいしいとこどり。


  シャンプー:ハーブガーデン
トリートメント:ハーブガーデン

→髪のハリとコシを求める方におすすめ。剛毛のわたしの場合は、ハリを通り越して針金のようになってしまったので、手触りのやわらかさを求めてトリートメントをクイーンズバスルームのものに変更するといい感じに。


こんな感じで日々模索を続けています。
これだと思えるシャンプーに出会える日まで・・

この記事を書いている人 - WRITER -
ずぼら系節約女子いちはです。ずぼらな性格なので、後々楽をしたいがために、最初だけはちょっと頑張る。前世はネコなのかな?と思うくらいこたつで丸くなるのが好きなのですが、いぬ派です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 森さん家 , 2021 All Rights Reserved.