メリンガータ@カルディ、最近はまっているサクふわメレンゲスイーツ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ずぼら系節約女子いちはです。ずぼらな性格なので、後々楽をしたいがために、最初だけはちょっと頑張る。前世はネコなのかな?と思うくらいこたつで丸くなるのが好きなのですが、いぬ派です。

動かざること森の如し、ずぼら系節約女子 いちは です。

食感フェチのわたしは甘くてサクサク
メレンゲを焼いたお菓子「ロッシェ」が大好きです。

サクッとした食感がたまらなく心地いい。



そんなわたしが最近、カルディではまっているお菓子。
「ドルチェエゴ メリンガータ」


なんじゃそりゃ。一生覚えられる気がしない名前。
パケ買いをしているので、パッケージがリニューアルされたら迷子になりそうです。

どうやら、カルディでは「ドルチェエゴ」というシリーズの中から
「メリンガータ」と「ティラミス」が発売されているようです。
今回はその「メリンガータ」というお菓子の紹介です。

外箱のフィルムを剥がすと、紙箱の中には直にこの状態で入っています

クリームが3ブロックに分かれているので一山ずつ小分けにして食べていきます。
甘党のわたしでも、一度に全部食べようとすると鼻血が出そうになるくらい甘いです。

外国製のあまーいお菓子を食べると
鼻の奥がギューッとなることがありませんか?
そのまま鼻の奥の血管が破れて、鼻血が出てしまいそうになるあの感覚。

急に血糖値があがって血管が悲鳴をあげているのかな?
と勝手に考えていますがどうなんだろう。
わかってくれる人いるかな。あるあるですよね?え?

大きめのスプーンで底からごっそりひとすくい

底の部分には、板状のロッシェのような焼き菓子が敷かれていてサクサク
その上には、ふんわりくちどけ生クリーム?の層
さらにその上にも、砕いたロッシェのようなサクサク食感が散りばめられています。
いい意味で、期待を裏切らない甘くて美味しくてサクサク!

甘さに関しては想像より甘いかもしれませんが
イタリア人はスイーツを食べるときに砂糖の量は気にしない
とも言われているくらいなので、日本にいながら本格的なドルチェを手軽に味わえてしまいます。

(その代わりイタリア料理にはほとんど砂糖を使うことがなく
玉ねぎなどの素材の甘さを活かしたメニューが多いそうです)


ジップロックのコンテナーが謎のシンデレラフィット!!


一度に全部を食べるには甘すぎるのに、小分けして食べるには
紙のパッケージなので開封した後の保存に困る。
そんなプチ悩みが、ジップロックコンテナーのシンデレラフィットで解決しました。
ちなみに270円くらいするお菓子なので、一口が100円と考えると・・贅沢スイーツだ!
(多分普通の人は、一山を一口で食べたりしない・・)

解凍せずそのままお召し上がりしています。

アイス感覚で解凍せず食べています。
(解凍するのを待てないだけ)
ガチガチに固まることはないので
ホロっとくちどけ食感という感じです。
知覚過敏のわたしでも安心して食べられます←


アイスと比べると糖質控えめな気もしますが
たぶん気のせい。
甘さのわりにはカロリーも控えめな気もしますが
たぶん気のせい。



ですが、わたしにとっては大大大ヒットなお菓子でした°˖✧


さらに調べていると、2017年から
サイゼリヤで冬季の期間限定スイーツとして
「メリンガータ」が食べられるだなんて!!

これは絶対に食べに行かなければΣ(・ω・ノ)ノ!

この記事を書いている人 - WRITER -
ずぼら系節約女子いちはです。ずぼらな性格なので、後々楽をしたいがために、最初だけはちょっと頑張る。前世はネコなのかな?と思うくらいこたつで丸くなるのが好きなのですが、いぬ派です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 森さん家 , 2021 All Rights Reserved.